賃貸物件の原状回復は掃除だけではありません。

臭いの問題が実はなかなか厄介なのです。

汚部屋、ゴミ屋敷、事故現場などは特別として、普通によくあるのがタバコの臭いやカビの臭い、何かわからないけれども生活臭です。

特にタバコはすわない方がどんどん増えてきて、喫煙者がとても肩身の狭い思いをするようになってきています。

会社でも室内では吸えず喫煙コーナーに行かなければならなかったり。

せめて自分の家くらい自由にすわせてほしいと思っている方は少なくありません。

自己所有のマンションなら特に問題にはなりませんが、賃貸物件では転居のときに色々と問題が出てきます。

通常に使用していた場合クロスの汚れは経年劣化で、最近のルールでは張り替える費用を入居者が負担するケースは少ないのですgこれが喫煙であればそうはいかないケースも少なくありません。

特にヘビースモーカーであればクロスはヤニでまっ茶になってしまって・・・・さすがにこれは張替えも仕方ないかと思っていてもそれですまないケースも少なくありません。クロスを張り替えるとかなり臭いが改善されるのですが、それでも臭いが残るケースも少なくありません。特約などが契約書に明記されてあると、それですまないケースもあるのです。

特に大家さんがタバコをすわない方であったりすると大変なこともあります。

大家さんが自宅を転勤の期間だけ賃貸するというのはよくあるパターンです。大家さんがタバコをすわない方の場合自分が住むとなったら臭いがとても気になります。

もちろんクロスを張り替えただけで駄目なケースもありました。

そんなときに活躍したのがオゾン発生器による消臭です。オゾンの強力な酸化作用を利用して臭いを別の物質に変えてしまうのだから当然臭いも消えるわけです。

消臭剤などは一瞬は臭いが消えるかもしれませんが、長続きしないことが多いのが実態です。

お掃除だけでは消えない臭いにはオゾンを使った消臭をお勧めします。

 

オゾンによる事務所の喫煙室の原状回復消臭

事務所の喫煙室の原状回復消臭