最近は原状回復に関するガイドラインなどの影響かクロスの汚れなどに関してはある程度大家さんと退去者の間でものさしが出来てきていると思います。

ところが、最近臭いに関してのトラブルの相談を多く受けるようになってきています。

どういうことかと言うと、例えばタバコの例で言えば会社の事務所内での禁煙が進んできていることが大きく影響しています。
事務所内では喫煙できずに喫煙コーナーもしくはビルの外やコンビニなどで愛煙者はタバコを吸わなければならなくなったわけです。

タバコを吸わない方にとってはタバコの臭いを事務所で感じる必要がなくなってきているわけです。
ほとんどの交通機関も禁煙になっているわけですし、タバコの臭いを感じないで過ごそうと思えば出来る環境になてきているわけです。

そうした時に賃貸で借りた自分の家がタバコの臭いがしたらどうなのか?
もちろん嫌に決まっています。
臭いに関しては特に個人差が大きく、極端に言ったらタバコの臭いを嗅いでいると気持ちが悪くなるほどの方がいたりします。
何いってんだろう?と愛煙家の方は言うかもしれませんがこれは紛れもない事実なのです。

トラブルに成る多くのパターンは喫煙者が居住していて、退去の時に管理会社が立会でヤニがクロスに付着しているので張り替えるという場面です。
費用負担は退去者だったり大家さんだったり按分だったりするかと思うのですが問題はクロスを張り替えた後の話です。

入居者が内覧するときはクロスはまだ汚れたままでタバコの臭いがプンプンしているわけですが、クロスを張り替えるから綺麗になって臭いも大丈夫ですよということで契約するケースが多いと思います。

ところが、いざ入居時してみるとタバコの臭いが消えていないというパターンが実はかなり多いのです。
というか壁の色が変わるほどタバコを吸っていた部屋はクロスを張り替えたからといってすっかり臭いが消えることはまず無いと言ってもいいでしょう。
確かに臭いは半減くらいするとは思いますので、喫煙者がチェックしたりおれほど敏感でない方ではっまいいかというレベルかもしれませんが臭いに敏感な方にとってはたまったものではありません。

まあ仕方ないで我慢してしまう方がほとんどと思いますが、中にはとても我慢できなちと言って管理会社にクレームを入れる方もいますが、なかなか取り合ってもらいないというのが実情です。

それだけ、臭いに関しては明確なモノサシがるわけではなく個人差になるので難しいところです。

当社に発注頂くケースは管理会社がクレームを受け付けて当パターンもありますが、入居者がクレームを受け付けてもらえないので泣く泣く自己負担でというパターンもあります。

ガイドラインには
「タバコ等のヤニ・臭い(喫煙等によりクロス等が変色したり、臭いが付着している場合)」
とあるのでもう少し臭いに関しても注意を払う時期に来ているものと思います。

現状回復の流れはクロスは工務店に依頼して掃除は掃除屋さんに依頼してというようになっています。
なので、臭いに関してはどちらの責任にもなっていないのです。
そんなことで、今度クロスをキレイにして掃除をキレイにして臭いがあればそれもキレイにするというようなパックを考えようなかと思ったりします。